皐月クリニックで包茎治療する際の麻酔の方法は?

投稿日 2017年3月15日 水曜日

コメント コメント(0)

皐月クリニックの包茎手術に使われる麻酔は局所麻酔と呼ばれているものです。
一旦麻酔が効いてきますと、ペニスは麻痺しますので痛みは感じなくなります。

・局所麻酔とは

皐月クリニックの包茎手術は局所麻酔をしてから行います。
局所麻酔とは、体の中のある部位だけ麻酔の効果があるという方法です。
包茎手術の場合には、ペニスとその周辺にだけ効きます。
ペニスの局所麻酔は普通は麻酔を注射しますが、この時には少しだけ痛みを感じるそうです。
なお、皐月クリニックの麻酔注射はペニスの根元部分にするそうです。
この局所麻酔の注射は、注射針や注射する人の技量によって痛みの度合が異なるといわれています。
注射針は細い方が、そして熟練した人が注射する方が痛くないそうです。
ただし、注射針が細いからといって痛みが軽いかといいますと、麻酔液の注入の速さによって痛みの強弱が違ってくるといいます。
皐月クリニックは熟練医師が揃っていますので、麻酔液の注入具合も上手ですから、注射の痛みはほとんど感じないといわれています。

・いきなり麻酔注射するのが嫌な時には

いくら痛くないといわれましても注射は注射ですから、いきなり麻酔注射をうたれるのを嫌う人もいるでしょう。
そんな人には、皐月クリニックでは段階を踏んで麻酔する方法も用意しています。
この方法は、最初に麻酔薬をペニスにスプレーして、表面部分だけ麻痺させます。
これで皮膚部分は麻酔が効いてきます。
あるいは、シール麻酔という方法もあってこれも表面だけ麻酔が効いてきます。
そして本番の麻酔注射をするのですが、この段階では注射針を射した時の痛みは感じないそうです。
一旦局所麻酔が効いてきますと、それが覚めるまでは一切痛みは感じませんので、手術中に寝ている人もいるともいわれています。

以上が皐月クリニックの包茎手術で行う麻酔の概要です。
これをお読みになれば、安心して手術を受けられるのではないでしょうか。

AGAによる頭頂部薄毛は対策を行えば治すこともできる?

投稿日 2017年3月01日 水曜日

コメント コメント(0)

頭頂部が薄毛になる原因は大きく二つのタイプに分かれます。
一つは年齢や生活習慣、体質からなる薄毛と、もう一つは病気とみなされる薄毛です。
病気とみなされるものは一般にAGAと言われ、近年専門医による治療が盛んになっています。
ではAGAによる頭頂部の薄毛は、どのような対策を行えば治療または抑止できるのでしょうか。

・AGAのメカニズムを知る

AGAは日本語で男性脱毛症と言われ、男性ホルモンとその他固有の酵素により薄毛になります。
男性ホルモンとはテストステロンであり、固有の酵素とはジヒドロテストステロンです。
最近の研究では、単にテストステロンが増えただけでは薄毛にはならないと言われています。
ただ、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合することで、ジヒドロテストステロンに変化します。
このジヒドロテストステロンが毛乳頭の毛髪サイクルと早めて、脱毛を加速させるのです。
このことから、対策としては理論上いくつかのアプローチが考えられます。
男性にとって重要なテストステロンを抑止することは健康に影響を及ぼしますので、最も合理的なのは5αリダクターゼを抑制することです。

・5αリダクターゼの抑制法

5αリダクターゼを抑制するには、食生活の中でイソフラボンを含む大豆製品を多く摂るようにします。
更に、亜鉛を含む牛肉やシジミ、生牡蠣などを摂るのも効果があると言われています。
イソフラボンや亜鉛はサプリメントとしてもありますから、直接摂取してもいいでしょう。
また頭皮に直接塗ると効果があると言われているのがアロエです。
ただし、体質に合わず塗るとかぶれる人もいるので、パッチテストをお勧めします。

このようにAGAは加齢や生活習慣とは原因が異なった薄毛です。
自身ではAGAかそれ以外かの判別は、なかなか難しいと思います。
できれば専門医に診てもらい、薄毛の原因がどちらなのかの診断をしてもらいましょう。
日ごろ自身でできる対策を見極めるヒントになるはずです。

検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて